植物自由区's blog

植物自由区【しょくぶつふりーく】〜区のたより〜
<< 2013年の〆だよー | main | 植物自由区フェイスブックページを開設しました! >>
2014年に思うこと
2014年1月1日です。
西暦が1つ進むので、新しい年ということになり、人は気持ちも新たになるようですが、でもこれが不思議なことに4月になると新生活スタートだ〜!ということで、これも人は新たな気持ちになるらしいです。要するに人はいつでも新たな気持ちになれる不思議な生き物ってことですね。だから1月1日は特別なものではないんです。
 
植物の世界も、いよいよ不況です。花が売れない時代になりました。ブツをそのまま売っても誰も買わない・・・素材だけの提供では成り立たない時代です。花や野菜を育てる、観賞するということは、暮らすことの一部なんだという感覚を植え付けなければ、花は必需品と思ってもらえません。心にビタミンを注入した方がいい人は世の中たくさんいますが、注入できるほど余裕のある人がいないのも事実です。
2014年、まず1月は、盛り付けデザイナー・飯野登起子さんに再び呼んでいただき、the green table「新春・開運サラダ摘みパーティー」なるイベントを開催します。こちらはフェイスブックで募集したイベントで、もうすでにキャンセル待ちですが、新しいことに挑戦します。
5月はバラとガーデニングショウに出店したいと思います(まだ開催自体発表されていませんが・・・)。コンテストガーデンも出品予定です。昨年とは思考を変えて、意外な方向に持っていこうかと・・・。まだスケジュール的にどうなるかわからないので、コンテストは出品するかどうかは未定なんですけど・・・。
Go Green Marketも開催が決まれば、出店申請をしたいと思います。また、今年はこれらのイベント以外にも、今まで出店したことのないイベントに顔を出したいなと考えています。
Farmer’s Market@UNUは、1月から4月下旬までは毎週日曜日のみの出店、5月は後半まで出店をお休みし、下旬から6月下旬までは土日で出店、7月から9月下旬までは日曜日のみ出店、10月から12月下旬まで土日で出店を計画しています。今年はFarmer’s Market`UNUで販売する商品に力を入れますので、都内近郊の方はぜひご来店いただきたいと思います。お金たっぷり持って♪
植物自由区webサイトも、手を入れて購入しやすくリニューアル予定です。ネットも低迷気味、なんとか盛り返したいと思っています。相変わらず生産は少量多品種で攻めていきます。ネットには掲載しない商品もたくさんありますので、植物自由区の出店するイベント等に足を運んでいただき、直接選んでいただければと思います。結構いつもお宝を仕込んでありますので・・・。
寄せ植えを含めた講習会活動は、現在の定期講座は継続ですが、新規講座については、依頼があれば引き受けます。また、昨年も依頼のあった有志を集めての出張講座も、依頼があればどこにでも行きます。自由大学の「たべる花 みる野菜。」は、第3期終了のまま、昨年は第4期を開講することができませんでした。今年は、当方が教授兼キュレーターとして講座を組み立て、夏ごろに第4期、晩秋に第5期を開催したいと思います。また、植物自由区と○○ といった、ほかの人や異業種との組み合わせの講習会も積極的に働きかけていきたいと思っておりますので、こんなことをしてみたいというご希望があれば、ぜひ一緒に開催しましょう〜!
生産は、相変わらずの少量多品種で攻めます。昨年以上に生産するものを増やす予定ですので、さらに複雑怪奇な世界へ・・・。
寄せ植えの制作も、ここ数年サッパリしていないので、今年はFarmer’s Market`UNUでの販売や、一部ネットに掲載用に定期的に制作しようと計画しています。ただしこれは気分的な問題なので、できるかどうかは不明です・・・。
最近は、いろいろな方から、いろいろなおかしな方向へ導いていただいているので、なんでもできちゃう気がしています。遠慮せずに、声かけてください。何かきっと面白いお手伝いができると思います。
2014年も、「たねを蒔く暮らし」のスタートです。質素な暮らしにお金をかけ、素敵な農園にお金を出す。食べるものを育て、心を豊かにする花を愛で、それがお金に変わるよう、今年1年またたねを蒔き続けたいと思います。


 
| 片山陽介 | - | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.shokubutsu-freak.com/trackback/949129
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ