植物自由区's blog

植物自由区【しょくぶつふりーく】〜区のたより〜
<< Tradescantia Andersoniana Group ‘Blue and Gold’(ツユクサ科) トラデスカンティア‘ブルーアンドゴールド’ | main | Coreopsis Lime Rock Passion(キク科)コレオプシス ライムロックパッション >>
秋原正俊監督 映画「銀河鉄道の夜」に出演!?


秋原正俊監督 映画「銀河鉄道の夜」に、なんと【植物自由区(しょくぶつふりーく)】が出演!!!

【映画・銀河鉄道の夜・公式ページ】
http://www.kaerucafe.co.jp/ginga/


・・・と言っても、私が出演するわけではなく、植物が出演します・・・。

9月3日のブログを覚えてらっしゃいますか?「植物をお届け〜」です。
その「植物」が出演します!!

植物の正体は・・・「紫キャベツ」です。なぜこんなものが・・・?と思ったあなたは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」(新編)を読むべし!
ただし、ここ(原作)に出てくる植物は、「紫キャベツ」ではなく、「紫色のケール」なのですが・・・。

この話は、突如やってきました。

宮沢賢治原作の映画を制作している中で、「紫色のケール」を探している、という突然の話。この話を聞いたとき、瞬時に「銀河鉄道の夜」ではないか?と思いました。
予想は的中、まさにそこに出てくる紫色のケールを探しているとのことでした。

さて、話はいただいたものの、植物自由区で生産するケールは、出荷時期が11月から始まります。今はまだまだ小さい苗で、とてもケールとは思えない姿です。観賞用のケールを、ポット苗として生産しているところが極端に少なく、他を頼ることもできません。頼るところがあったとしても、ケールの出荷時期は、どこも11月から翌年春にかけてになり、今の時期はいずれにしても小さい苗なのです。

ちなみに撮影が9月4日なので、それまでに欲しいとのことでしたから、どんなに肥料をあげても水をあげても、8月末にいただいた話ゆえ、大きくはなりません。

というわけで、担当者にご相談。

紫色の葉っぱで何か代用できるものはありますか?、との答えでした。紫色の葉を持つ植物は得意中の得意。何でもありまっせ〜・・・というわけで、コリウスやらヒューケラやら、さまざまな植物の画像を撮影し、お送りしました。

ケールと似ていなくても良い、とのことでしたが、植物のプロとして係わっている以上、やはり原作には近づけたいものです。
そこで、その画像の中に「ハボタン」と「紫キャベツ」を入れたのです。

「紫色の葉」という単純な考えであれば、コリウスやヒューケラも悪くない(ちなみに代品の第一候補は、ヒューケラでした)が、原作のテイストを酌むと、紫キャベツが最有力、とのことで、「紫キャベツの映画出演」が決定したのです。

そして迎えた納品日。9月3日にS県某所へお届け、となったわけです。持っていった植物を、撮影用におめかしして(植え付けて)帰ってきました。無事9月4日に「紫キャベツの出演シーン」の撮影は終了したと、担当者より連絡が入りました。

映画のオープニングに登場するようです。

紫色のケールを植物自由区webサイトに掲載(販売していた)していたからこそ、やってきたお話で、つくづくインターネットのすごさを感じました。
半年前にいただいた話なら、撮影にあわせて生産ができたのに、それが残念でなりません。

映画の公開は、千葉県舞浜のシネマイクスピアリだと11月4日からだそうです。
主演はNHK連続テレビ小説「まんてん」でデビューの谷村美月さん。

これは楽しみですね〜。

ちなみに、映画のポスター、エンドロール、リーフレットには【植物自由区】の文字が入り、堂々の映画デビューとなりました。

「銀河鉄道の夜」公式ページにも、「とらや」と並び、【植物自由区】の文字も読み取れます。

以上、お知らせでした〜。


【関連ページ】
【津軽舞台に映画「銀河鉄道の夜」制作】
http://www.mutusinpou.co.jp/news/06081107.html


【9月7日(木)16:00〜 映画「銀河鉄道の夜」制作発表(谷村美月、市川男寅、斎藤洋介、松田洋冶、小橋めぐみ、他)青山theaterにて・谷村美月が男子役に挑む!宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」映画製作発表会!】
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=2256


【谷村美月主演ドラマ・日本テレビ系ドラマ「14才の母」 10月11日(水) 22::00〜】
http://www.ntv.co.jp/14/


【ジョバンニ役の美少年(?)、谷村美月】
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c3%ab%c2%bc%c8%fe%b7%ee


【植物自由区(しょくぶつふりーく)】
http://www.shokubutsu-freak.com


| 片山陽介 | マスメディア・雑誌掲載 | 16:04 | comments(5) | trackbacks(1) |
ad民=しずく%ヒトつぶ。です。トラバりました。
私にとっては「棚からぼた餅」ですが(笑) 映画楽しみ〜♪
| ad民 | 2006/09/09 9:04 PM |

すご〜い!
植物自由区さんも、いよいよ映画界にまで進出ですか〜?
おめでとうございます〜!
是非「銀河鉄道の夜」(新編)を読ませていただかなくてはいけませんね。
映画も楽しみにしています〜♪
| みー | 2006/09/09 9:34 PM |

みーさん、おはようございます。

宮沢賢治は、文学者でもありますが、地質学や哲学、農業者など、さまざまな顔を持っています。
農業(園芸も含めて)に関しては、その著書からも分かるように、専門の顔を伺うことができます。紫色のケール然り、銀河鉄道の夜の中には、これ以外にも、アスパラガスが食用のアスパラガスと、観賞用のアスパラガスとで区別されて出てきます。

一方、花壇植栽などに関しても記録があり、宮沢賢治の花壇設計図という図録が残っています。
当時、ブラキカム(ブラキコメ)やヒユ科の植物を多く使った花壇設計図をしていたことが知られています。

涙ぐむ眼を意味する「Tearful Eye」という花壇は、賢治の設計した花壇の1つで、眼の形をした両端にNymphaea(スイレン属の植物)を配置し、花の開閉運動を、人間の瞼の開閉に例えた花壇です。
まつげの部分に木を配置し、とても斬新なガーデンデザインです。今のガーデンデザイナーも学ぶことは多いかもしれません。

有名な「幻想曲(ファンタジー)風花壇」は花巻病院に実際につくられたもので、今も花巻病院には、別の花壇や賢治が植栽した植物などが残っています。

園芸と一言で片付けても、そこから広がる世界はさまざまです。音楽に花が登場したり、文学者が農業者であったり・・・と、園芸関係の書物から知る園芸とはまた違う世界です。

幅広い感性で、いろんなことを知り、それを受けて各人がまた次に進んでいくようになれば、日本の園芸文化がもっと高まる(きれいなピラミッド型になる)のですが・・・。

質の低い園芸文化(固定観念)が横行し、そこから抜け出せない人が多いように感じます。
植物は園芸の本で学ぶ、というのも固定観念の1つだと思っています。

植物自由区は、自由区と名前を付けているように、エリアフリーも意味します。植物は興味がないけれど、文学は大好きだ。その文学の中に植物が出てきた、そして植物の世界を知る(見る)・・・こういう人を巻き込んで、創り上げて行きたい世界なのです。

めちゃ話が長くなりましたが、この映画は関西方面では上映されません。関東と青森県だけです。
関東は4つの劇場で上映です。

| 区長 | 2006/09/10 10:16 AM |

「銀河鉄道の夜」大変有名な本で、名前だけはよく知っていましたし、抜粋の文章はどこかで読んだことがあったかと思いますが、恥ずかしながら全体のストーリーを知りませんでした。
こんなに奥の深い物語だったのですね。
映画の上映は関東と青森だけとは残念ですが、本は是非とも読んでみたくなりました。
ありがとうございました。
| みー | 2006/09/10 1:05 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/01/23 9:49 AM |










http://blog.shokubutsu-freak.com/trackback/558573
合格通知 +さらによいことアリ
昨日は更新をおやすみしたので、今日は早めにエントリします。 今日、某所の某学科に合格してました。やっほー!(^^)ノ 合格といっても、いわゆる「職業訓練講座」なのですが。 受講内容とはまったく関係がな
| ヒトつぶ。 | 2006/09/09 8:17 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ